読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44442回生まれた羽ばたきをめぐる研究。

美術 / アート

 先月Workstation.で開催されてた明源さんの展覧会に行けなかったことが本当に悔しい

 

 

 展示タイトル、制作考、形態に置き換えられた後の言語意味構造と数学構造、そして来訪者の質問に返答する私が今回の展示の主な構成要素となります。 この4つの要素に対して鑑賞者が私のコンセプトと展示の構造に対してどういったことを考えるのか?私は鑑賞者が私のコンセプトの構造を文章上で改造するターンを設け、鑑賞者の記述を形態に置き換えたいと考えています。丁度これは、チェスゲームの相手を私が探しているような形に似ています。

 

最近まともに文章を読むことをしていなかったからまず彼がとんでもない量の文章を日々ツイートしていることにすごく興味を持って、彼が作家なのか何なのかもわからず追いかけていたら作品っぽいものがアップされて衝撃を受けました。

知識がないぼくには理解できない部分もたくさんあるだろうけど、WSの作品のように表現と意味(する・される)というすごくシンプルな題材に向き合う姿勢が清々しい。

最近Nスぺのイゾラドに密着する番組見ても思ったんだけど、現代の文明の常識って必ずどこかで制限している部分があってピュアに向き合うほど非常識だとか野蛮だって言われがちなきがする。でももちろんそれはその通りで、明源さんの作品は現代の表現をちゃんと意識した哲学だし本当に明確で、かつ原始的なピュアな思いが表れているきがする。見に行きたかったなー

 

 明源さんが過去にツイートしていた手話かなにかの形。

 

 

 たぶん彼のもう一つのアカウントだと思うんだけどどうなんだろう。

これは 明源さんじゃなかったです。

明源さんの友人だそうでこの方もきっと面白い作品作る人だと思います。

 

 

 

 

下記、最近気になったそのほかの展覧会

 

http://artviewer.org/wp-content/uploads/2016/09/01-Loss-of-symmetry-general-view001low.jpg

http://artviewer.org/wp-content/uploads/2016/09/01-Loss-of-symmetry-general-view003low.jpg

こちらに展示風景もっといっぱい上がってンス

Art Viewer – Nicolás Lamas at Loods12

この海外の展覧会を紹介するブログがすごく面白くて最近よく見ています。

 

‘Loss of symmetry’ by Nicolás Lamas at Loods12 | OFluxo

掲載内容は緒ですね。

 

Nicolás Lamasさんはベルギーのアーティスト。

こちら彼のポートフォーリオです

http://www.meessendeclercq.be/pdf/Nicolas_Lamas_portfolio_lowcompressed.pdf

より詳しく展示内容について知りたいけど文章は見つかりませんでした。

 

同じく次もArt Viewerで知りました。

Art Viewer – 2024 at Sydney

海の洞穴っぽいところでのグループ展だそうです。

いたるところに数字を張るAdriana RamićさんとSimon Dennyさんの絵とWill Benedictさんの作品は何なのかよくわからいけどいい

 

 

http://s3.amazonaws.com/contemporaryartgroup/wp-content/uploads/2016/09/images_file_30873-533x800.jpg

http://s3.amazonaws.com/contemporaryartgroup/wp-content/uploads/2016/09/images_file_30888-700x467.jpg

Nicolas Deshayes at Modern Art (Contemporary Art Daily)

こちらはロンドンの美術家Nicolas Deshayesさんの初個展。

お湯と鋳鉄でできた彫刻作品だそうです。触ってみたい

www.modernart.net

このギャラリー、ほかの展示もすごそうですね

 

http://sobo.tokyo/assets/images/photo-fukin.png

フキンさんの個展に行きたかったんだけど日曜ギャラリーしまってていけない。。

チラシの裏に書いてる「生まれたときから存在するあらゆる事情について、当たり前だけか常識だと思いがちだけど、本当はどうなんだろう。」ことばがすごくいい。見に行きたかったなー