読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本・ジンなど

一冊の本を売ることをコンセプトにしている森岡書店銀座店や、複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する探偵!ナイトスクープに習って、今月から実店舗では一つの商品やレーベルを取り上げたフェアを開催します。

 

第一回目はこちらの商品です。

f:id:enuu_suu:20160205202456j:plain

Domain Names 2010-2001 Rafaël Rozendaal - ナ イ ス シ ョ ッ プ ス ー

 

今月20日まで東京のTakuro Someya Contemporary Artで展覧会を開催しているラファエル・ローゼンダール さんの本です。

先月展示を見に行ったのですが、本人が楽しく制作している感じがしてめちゃくちゃよかったです!

作品の仕組みはすごくシンプルらしいのですが、レンチキュラーっていう角度によって絵柄が変わる技術のめちゃくちゃハイテクな等身大の作品が数点展示されていて、たぶん本人もこんな簡単にこんなきれいな作品が作れるなんて!しかもこんなに大きく!って興奮した気がする。そんな感じの楽しさがあふれている最高な展示でした。

会場に置いてあったSPHERESの本もよかったなー。高くて仕入れずにいたんだけどもう売り切れていますね。この出版社から出てるオースティンリーの本も売り切れたからまた仕入れます!

 

で、この本も本人が楽しく作ったんだろうなという感じがしてすごく良いです!

右側に作品のURL、左側にグラデーションが赤青緑の三色で印刷されたすごくシンプルな本なのですがたまらないです。ただのファン心理なのかもしれないけど、本の端をパラパラ漫画みたいにしたらときのアニメーションみたいな感じとか、側面のグラデーションとか、もう全部が美しい。。前頁にドキドキします。

 

 

 

 

下記は自分用のメモです。

あんまり本と関係ないかもしれないけど、いままで見たことなかったSF映画とか見てみようと思ってます。

 

ターミネーター (映画) - Wikipedia

マトリックス (映画) - Wikipedia

A.I. - Wikipedia

アイ,ロボット - Wikipedia

トランセンデンス - Wikipedia

2045年問題 コンピューター・人工知能が人類を越えるとき | エコノーツエコノーツ

 

あとラファエルさんのインタビューで出てくるものとかも見てみよう。